福祉用具プランナー研究ネットワーク(プラネット)
*

シリア ロシア アメリカ

Pocket

ロシア・シリア軍の「蛮行」、アメリカの「奇行」 10月5日(水)17時20分 ニューズウィーク日本版 <「シリア内戦」をめぐって、9月12日に発効した米露の停戦合意も19日に破綻。 あるいは石油に変わるエネルギー資源とか・・・ アメリカがシリアを攻撃 —— 対抗するロシアの高性能最新ミサイル防衛システムS-400とは. アメリカは、ロシアには経済制裁中。 → eu ロシアのクリミア半島侵攻以降は、経済制裁を行なっている状態。eu諸国はロシアの脅威を感じており、徴兵制を始める国も。 → 中東 ロシアはシリアに唯一影響力を残しており、シリア内戦で関与。 アメリカ、イギリス、フランスの 共同作戦でシリアにミサイル攻撃を 行った事はご存じの方も多いだろう。. シリア内戦のきっかけはアラブの春と言われていますが、アラブの春の火種となったのがジャスミン革命という民主化運動です。これは2010年12月にチュニジアで起こっており、その波が中東諸国へ波及しました。 この民主化運動はやがて近隣アラブ諸国へ広がっていき、2011年にアラブの春へと発展。エジプトでは30年続いたムバーラク政権、リビアでは42年続いたカダフィ政権が崩壊します。他にもサウジアラビアやモロッコ、イラク、アルジェリアでも同様の民主化運動が活発化し、この動きはシリア … でも、国益のためにじゃなくて、一部の利己的な者達の利益のために行われることなんですよ、戦争は。 さらに、シリア内戦には、アメリカやロシアが介入しています。アメリカは友好国であるサウジアラビアとの関係もあり反政府勢力を支援。一方、ロシアはソ連時代からシリアとは友好国です。そのため、ロシアはアサド政権を支援するのです。 複雑なシリア内戦の原因と理由、アサド政権問題をすごく分かりやすく解説します。ロシア、アメリカ、イスラム国の関係と思惑とは?アサド政権の何が問題なのか。これからどうなっていくのかも考察し … Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. 今後とも、よろしくお願い致します!, 結局シリアってどうしてこうなったの?と思って色々見ていたらここに辿り着きました。本当にわかりやすかったです。他の記事も読ませて頂こうと思います。ありがとうございましたm(_ _)m, 池上彰の番組+アホなタレントに、うんざりしてました。基軸通貨を調べてたら、面白くてシリアまで一気にストレスなく読めました、実に解りやすい説明で、冒険物語みたいでした。, テレビは、ためになるようなならないような、よくわからなくなりますので、あまり観ないようにしています(^^; とてもわかりやすくて、学生の私でも理解できました。これからもたくさんのことを記事を通して伝えて欲しいです。, > とてもわかりやすくて、学生の私でも理解できました。これからもたくさんのことを記事を通して伝えて欲しいです。, 嬉しいコメントをありがとうございますm(_ _)m またアメリカがシリアにミサイル攻撃をしたニュースがありました。罪もない一般市民が巻き込まれたり、安全を求めて国外へ逃げた人々が難民となって苦しい生活を強いられています。なぜシリアでは内戦が起きているのでしょうか。何だか難しいニュースのように 中国もそれがわかっているため、ロシアと組んでエネルギーの購入先の多角化や、アメリカの中東支配の阻止をしようと動いています。 以上が、シリア内戦にアメリカが介入する本当の原因です。 そして、もっと根本的な理由の1つに、次の原因があります。 > 在庫一掃したい時にも戦争起こします。 那由他です。 すみません、返信いただいたばかりなのでついつい気軽に用件だけ送らせていただきます。 シリアは2013年にアメリカの空爆を避けるために、自国の化学兵器の撤廃と化学兵器禁止条約を受け入れている。 この条約では、化学兵器の開発から、生産、貯蔵、使用まで包括的な禁止が課されており、さらに、現存の化学兵器は撤廃する義務がある。 わかりやすく書いていただきありがとうございました!, コメントありがとうございます。 在庫一掃したい時にも戦争起こします。 トランプ大統領は4月13日(現地時間)夜、シリアが化学兵器を使用し、数十名が死亡したと伝えられたことへの対抗措置として、同国への「精密爆撃」を行うと発表した。. とても勉強になりました、と同時に戦争はいつまでも続くのかと思うと本当に悲しくなりました。 アメリカがとうとうシリアに対して攻撃を仕掛けるようです。 理由としては「大量化学兵器を国民に使用したから」 という事のようですが、なかなか納得がいきませんね。 本当の意味での平和がいつか訪れることを願うばかりです。 2013年シリアでは、アサド政権に反対する反政府軍との内戦が激化しました。一進一退の攻防でドロ沼状態だったのですが、ある情報が飛び交います。, しかしその後、その毒ガスはアサド政権側ではなく実は反政府軍が使用した、という情報も流れました。, 後日、オバマ大統領はシリアへの軍事介入を決定→土壇場で中止しましたが、なぜアメリカは、シリアに軍事介入を決断したのか?, ちなみに、アサド政権は2013年、ロシアからの化学兵器を国際管理下に置く提案を受け入れ、国内の化学兵器の廃棄に応じています。, 近年の中国が明確に覇権を狙いにいっているのはご存知かと思います。問題は山積みですが、数十年かけてでも着実に実現しようと動いています。, 過去にアメリカは同じようなことをしました。ご存知、フセイン政権のイラクですね。当時のブッシュ大統領は、「イラクには大量破壊兵器がある!」(実際はあとでなかった事が判明した), そうすると、中国がメキメキ力をつけてきて、いざ本気で覇権を取りにきた時に、アメリカは中東から中国への石油をストップするというカードを持つことができます。さらに実際に止めることができます。, 石油がとまれば、どんな国でも長くは持ちません。 (vovworld) - この間、アメリカとロシアの関係は冷戦終結以来、最悪の状況となっています。双方は、非難し合い、制裁措置と報復措置をとっています。シリアでの化学兵器の使用をめぐる対立により、両国の関係は敵対関係になっています。特に、武力衝突が発生する可能性もあります。 ロシアが正規軍を展開し、ロシア優位で進むシリア内戦に比べ、リビアでは現状、トルコが有利とみられている。 「国連が承認する」政府軍を支援している、というのがトルコに正当性を与え、アメリカとNATOからの支持表明もトルコを勢いづける。 シリア難民の件で記事を色々読み漁っていたところ、こちらの記事に行き着きました。 ロシアがアサド政権を支持していたからです。もとから親密な関係で、ロシアはシリア国内に軍事基地を持っています。最悪の場合、シリアを舞台にアメリカとロシアが戦うことになりかねません。 そのロシアは、1年後の2015年9月に空爆を始めました。 ただの通りすがりですが、コメントさせていただきました。 アメリカ側は作戦の詳細を公表しておらず、ロシア側発表の信ぴょう性は不明だ。 アメリカのトランプ大統領は、シリア政府軍が4月7日、ダマスカス近郊の東グータ地区に潜伏する反体制派を攻撃した際、化学兵器を使って民間人の犠牲者を出したと断定。1 そして改めて考えさせられました。。 全部値段の付いてる商品なんですよ。 戦争屋という連中が戦争をコントロールしているのです。 シリアのユーフラテス川東側地域では、これまでのトルコ対アメリカの構図が、今やロシア対アメリカの様相を呈している。 昨年10月にトランプ大統領が突然シリアからの米軍撤退を宣言した後、米軍勢力範囲だったこの地域はロシア軍に明け渡された。 9月14日、シリアの化学兵器廃棄に向けて、アメリカとロシアは同意し、アメリカやフランスによるシリア攻撃は当面回避される事となった 。 9月27日、安保理はシリアの化学兵器を国際管理下で廃棄させる決議案を全会一致で採択した。 Facebookから来ました。 すごくわかりやすくて、勉強になりました。 現在中東地域の国、シリア・アラブ共和国では非常に激しい内戦が続いています。イスラム国と名乗る武装勢力の勢いがかつてに比べ相当弱まっているそうですが、そうなった今でもシリア政府勢力と政府に反発する複数の勢力の間で戦闘がおこなわれ、終わる様子はありません。化学兵器が使用されたとか医療施設が空爆されたといった非常に残酷な話も伝わってきます。このシリアの内戦には他の国もかなり介入しています。アメリカ合衆国やEU(ヨーロッパ連合)は一部の反政府勢力を支援している … ー, スポンサード&アフィリエイト表記について, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved. (日本は当時、迅速に東南アジアに進出して石油を得ることをしましたが、その後はご存知の通りです), 中国もそれがわかっているため、ロシアと組んでエネルギーの購入先の多角化や、アメリカの中東支配の阻止をしようと動いています。, さて、オバマさんが軍事介入を土壇場で止めたり、トランプさんもミサイルを発射してアサド政権の軍事施設を破壊したものの、その後はアメリカとしては大きな動きがない状態が続いています。, その間にアサド政権は、ロシアの協力を得てシリアの拠点をIS(イスラム国)からどんどん奪還していき、ISを攻撃する体で、同時に反アサド体制派(アメリカ、サウジ、トルコなどから支援を受けていた)も攻撃しています。, ロシア主導で短期間や地域の停戦の合意もなされましたが、すぐに破られてしまい、いっこうに内戦は収まる気配がないのが実情となっています・・・, こんな時こそ、国連が影響力を発揮して平和へ導くことを一般人としては期待したいのですが、残念ながら国連にはその能力はないことがハッキリしてしまいました。所詮は大国の綱引きの場と化してしまっています。, 【カイロ時事】シリアのアサド政権軍が首都ダマスカス近郊の反体制派支配地域・東グータ地区に地上部隊を進攻させてから1週間が過ぎ、7日までに同地区の4割以上を反体制派から奪還した。国連安保理が2月下旬に採択した停戦決議は既に形骸化し、戦闘の収束は見通せない。「地上の地獄」(グテレス国連事務総長)と評される人道危機下での死者数も増加の一途をたどっている。, ニュースで現地の子どもが砲弾に巻き込まれているニュース等を見ると、本当に辛く思います。, また、大人だって同じですね。最愛の人を失う辛さは想像するだけで発狂しそうです。もう人を殺してまで国益なんて狙わなくても良いじゃないですか!って思います。。。, シリアの内戦について調べていたらこの記事を見つけました。 是非是非ご覧になっていってください!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, はじめまして!JAW(日本と愉快な仲間たち)管理人のヤナイと申します。複雑な国際情勢や政治経済を、わかりやすく&面白おかしくご紹介しています!詳しくはこちらをどうぞ!. オバマ前大統領は、軍事介入を中断しましたが、2017/04/07、次のトランプ大統領は, 2013年当時に書いた記事ですが、2018年現在ではますます露骨になってきています。南シナ海には岩礁を埋め立て、軍事施設をいくつも完成させ、「軍事施設にします!」公に発表までしました。ほぼ「中国の海」への力での変更は完了です。もう今さらアメリカにも国連にも元に戻すことはできないでしょう。, ISを攻撃する体で、同時に反アサド体制派(アメリカ、サウジ、トルコなどから支援を受けていた)も攻撃. アメリカに率いられた連合は、シリア北東でロシアとシリア軍隊の動きの自由を定期的に制限しようとして、非対称の反撃に直面している。 今やアメリカ軍は、彼らが勢力圏として見ているものを確保するための追加の論拠を持つことになろう。 イギリスとフランスも攻撃に加わる。. アメリカに率いられた連合は、シリア北東でロシアとシリア軍隊の動きの自由を定期的に制限しようとして、非対称の反撃に直面している。 今やアメリカ軍は、彼らが勢力圏として見ているものを確保するための追加の論拠を持つことになろう。 石油利権が絡まなかったらこんなことにはならなかったでしょうね。 シリアにも米国人が、いて、米軍は、 在シリアの米国人が、いない所の イスラム国を空爆するが、 ロシアは、そういう配慮なく空爆 するので、ロシアの空爆でシリアに 滞在の米国人が殺傷される危険が … ロシア、シリア空爆の「裏側」 昨日目が覚めたら、アメリカの読者さんから、こんなメールが届い ていました。 北野さん、大変ですね!! 人間の中には悪魔も混じっているようです。, > 戦争屋という連中が戦争をコントロールしているのです。 日本はずっと平和なので、世界が弱肉強食なことを忘れてしまう時がありますよね。。, こんにちは © 2020 日本と愉快な仲間たち(JAW) All rights reserved. アメリカのエスパー国防長官は10月13日、シリア北東部に配置されていた米軍の残存部隊1000人の撤退を指示したことを明らかにした。 トランプ大統領が同6日、トルコのエルドアン大統領との電話会談後に突如、「同地域からの米軍の撤退」を発表したこ 弾丸一発いくら?砲弾一発いくら?小銃、機関銃、ミサイル、戦車、戦闘機…etc. では、なぜシリア攻撃を行ったのかは、 ご存じだろうか? それに対して、 ロシアの反応も気になる所だろう。 そしてこれからの展開は? ロシア連邦航空宇宙軍によるシリア空爆 は、 2015年 9月30日 に開始された ロシア航空宇宙軍 による シリア への空爆である 。 ロシアによる空爆により、ますます混迷を極めてきたシリア情勢。国連総会で参戦を表明したロシアに対し、常任理事国であるアメリカは、なぜ拒否権を発動しなかったのでしょうか? 『高城未来研究所「Future Report」』では… > 人間の中には悪魔も混じっているようです。, 通りすがりの者です。



ウイニングポスト9 2020 子供 顔グラ, シグナル 主題歌 キングヌー, 佐藤健 写真集 半分青い, 2005 年 阪神 優勝 スコア, 有名人 を紹介 しよう 英語, State 日本語 住所, パプアニューギニア 日本軍 人肉, 周平魂 顔 あざ, 揚げ アイス 業務用, サークル ホームページ 無料,



ツールバーへスキップ