福祉用具プランナー研究ネットワーク(プラネット)
*

チーム戦術 グループ戦術 個人戦術 違い

Pocket

div.ss_entryBox h4 strong{ 山形県 background:#006a68; 静岡県 top:100%; 大阪府 セレクション div.ss_entryBox input.submit:hover { Written by HOMMURA Kyohei. │ これが一般的なイメージです。しかしもうひとつ大事なのが. 京都府 福島県 border-bottom:5px solid transparent; 秋田県 div.ss_entryBox form p{text-align:left;} } width: 220px;box-sizing: border-box; 愛知県 -moz-box-shadow: 0 0 0 5px #e2f0d9, 0 2px 3px 5px rgba(0,0,0,0.5); text-indent: -99999px; position:relative; 愛媛県 大会結果 } 個人戦術とはチーム全体で行う戦術ではなく選手個人がプレイを選択する上での考え方のことで、サッカーでもフットサルでもプレイの種類やテクニックは同様ですが、その戦術的な考え方の違いがやり方の違いとなってきますから、まずはここをしっかり抑えておきましょう。 福井県 山口県 多くの指導者の方はご存知だと思いますが、「個人の守備」と「グループ(チーム)の守備」です。個人という最小の単位があり、グループ、そしてチームへと発展していきます。 最初に重要になるのが、個人の守備戦術をしっかりと身に付けることです。 } div.ss_entryBox { トレセン div.ss_entryBox fieldset { border: none;} “早熟タイプ”か“晩熟タイプ”か。成長のピークはいつ訪れる? 子どものタイプを知ろう!! 指導者向け 岐阜県 兵庫県 U12 color: #FF0000; 食育 調整が入るため戦術が大きく変わる可能性があります。常に最新の情報を書いて下さい。 font-size: 80%; background-color: #e2f0d9; background: url(http://www.sakaiku.jp/column/images/static/mailmagazine/btn_ssmag.png) no-repeat 0 -50px; 用。 対するホッフェンハイムはほぼベストメンバーの5-3-2。ただ、ベストメンバーといえど今季のホッフェンハイムは昨季ほどの機能性を見せられていない。得点こそ重ねているが昨季と違 … JFA 香川県 岩手県 } 茨城県 right:0; 子どもの「背が伸びない」悩みを食事で解決!! -->, サッカーサービスのコーチが、日本サッカーの課題「守備」を徹底解剖!個人からポジション別まで、小学生から高校生の各年代で指導すべき守備戦術とそのトレーニング方法について解説します。, 08.26.2019 奪われないボールの置き所と身体の使い方/「運ぶドリブル」を習得する川崎フロンターレU-10のトレーニング, 11.24.2020 短い時間で「止める」「蹴る」を上達させるコツ/初めて指導するチームでサッカーの基本技術を教える練習法. 千葉県 新潟県 富山県 東京都 border-top:5px solid #08100e; 体例2)ボールを取られなければゴールを奪えるか。 トラップをミスしない、パスを正確に通せる。 U15, ---都道府県--- サッカーというスポーツは、相手に勝つためにいろいろな戦術があります。 オフェンスにもディフェンスにも、個人にもグループにも戦術は存在します。 その中でディフェンスの戦術を養う為に必要不可欠なトレーニングがあります。 div.ss_entryBox p.small{margin:0 10px 10px!important;font-size: 90%;text-align:center;} サッカーはチームあっての個人であり個人ありきでチームが機能しているスポーツではないこと。 年齢が上がるのと同時にチームやグループ戦術の中で個人が何をしなければならないかを学ぶ。 北海道 それを、何人かのグループで行えばグループ戦術であり、チームで行えばチーム戦術となり、個人で行えば個人戦術となります。 グループやチームでおこなう戦術は、チームにおける約束事であったり、監督やコーチの考えに基づき行われることが多いです。 GK div.ss_entryBox p.mb10{margin:0 10px 10px!important;} ョンに応じて使い分ける頭脳戦も見どころの一つです。 バスケットボールの戦術は時代とともに様々な変化をし、より効率良く無駄のない戦術が多くなってきました。そんなバスケットボールで今最も主流な戦術、そして試合で使えるオフェンス、ディフェンスのグループ戦術を紹介します。 div.ss_entryBox input.submit{ é›¢ï¼ˆãƒ—ロフンディダー)】を言語化します。 } 奪われないボールの置き所と身体の使い方/「運ぶドリブル」を習得する川崎フロンターレU-10のトレーニング, 短い時間で「止める」「蹴る」を上達させるコツ/初めて指導するチームでサッカーの基本技術を教える練習法. border-left:5px solid transparent; Copyright © 2020 E-3 Inc. all rights reserved. 身長をグングン伸ばす5つのポイントとは?, 「個人戦術」と「グループ戦術」を学ぶ意義。認知力向上のために指導者ができること【6・7月特集】. 徳島県 div.ss_entryBox h4:before{ div.ss_entryBox h4{ div.ss_entryBox .textfield{font-size:120%;box-sizing: border-box;width:90%;margin:0 5% 5px 5%;padding:5px;border:1px solid #cccccc;} padding: 0; width:0; content:" "; ――認知も体の機能の部分とサッカーの戦術の部分と両面からのアプローチがあると思います。日本の指導者はそれを別々にトレーニングしなければならないと思っている人もたくさんいます。, 坪井氏「私は昨今、世界的にプレーモデルとか戦術とかの話に偏りすぎていると思っています。スペインでは、小さい頃に身体的な機能性を高めなければならないと見直されているところもあります。例えば、セルタの育成年代では再度テコ入れするためにドリル練習を取り入れています。, 戦術的なアプローチが流行り、クラブとしてもそういう方向で進んだのですが、どこか限界が見えてしまってドリル練習のような反復練習やコーディネーショントレーニングが必要だと見直されています。それこそヨガを取り入れたりもしているようです。クラブとしてプロジェクトを立ち上げています。1日の練習の中で個人練習の時間を一定のパーセンテージは確保してトレーニングをやっています」, 坪井氏「セルタはスペインの中でも人口が多くない町にあるので、タレントが限られていることもあると思います。そのプロジェクトも限られた人数の中でいかに育てるかという背景があるから立ち上がったのだ、と。例えば、FCバルセロナやレアル・マドリードではそういうことをやらなくてもタレントがいるんです。スペインでも流れが変わってきていて、すごく興味深いです」, ――坪井さんもエウロパのU19を指導していて、認知には体の機能的なものとサッカーの戦術的なものと両方が必要だというふうに感じられているわけですね。, 坪井氏「もちろんです。『チームプレーをすることによって体の機能も高める』というピリオダイゼーション的な考え方が流行ってきましたが、私はそこに限界が来ているんじゃないかと思っています。やはり補足的に個人練習はやっていくべきなのではないか、と。あの考え方はトップレベルの選手たちがプレーしているから成立するものだと感じるんです。運動能力のない子たちに対しては、個人に目を向けて体の機能の部分をテコ入れしてチームを作っていないとチームプレーが実践できません。, コルネジャに在籍していた時は、個人のレベルが高いから狭い局面でも選手は勝手に突破していたんです。彼らは個のできることが多いから。それはフィジカル的にも、戦術の判断的にも、メンタリティ的にも高いから可能なんです。でも、エウロパで気づいたのは個のできることが欠けているので、個人にフォーカスしなければならいないということです。2対2のドリル練習をやったりして、個人でやれることをフィットネスの部分も含めて準備してあげないとなかなかチームとして機能しません。『全体を通して個人を鍛える』というのでは余計に遠くなってしまいます。, Jリーガーのプレーを分析していても、たとえ個人に対してしかアドバイスをしていなくてもそれが間接的にチームとしてのパフォーマンスは上がっていくんです。プロであっても個人にフォーカスをしてあげることによって、チームのパフォーマンスを上げることはできると思うんです」, 坪井氏「風間八宏さんはテクニックに特化してチームを変えていったわけですよね。それはセルタがやろうとしていることの、ある種の一つの形だと思うんです。私は、そこを個人分析として戦術的にポジショニングの部分にフォーカスしています。, ここ20年ほどヨーロッパはチームを前提としたトレーニングに偏りすぎていて 、少しずつ時代がシフトチェンジしてきているところは感じています。しかし、結局は彼らにはサッカーの教科書となるようなベースになるものがあるので、日本のように舵取りを一気に『こうだ!』と真逆に切るようなことはありません」, ――そこに大きな違いはあります。ロシアでの日本代表のプレーモデルはそれに当てはまるかもしれません。ハリルホジッチさんと西野さんのサッカーはベースとなるものが違いました。やはり指導者の思考するサッカー次第で認知するものも変わってきます。坪井さんが出した本の中には、そういうプレーモデルを形成する上で必要な考え方が詰まっていました。, 坪井氏「ありがとうございます。本の16ページにも記載していますが、私が定義する戦術の解釈は『ゲームの中で起こる状況を解決するための、個人・組織による知的活動』です。認知→判断→実行の『認知』をするにあたってもトレーニングする上で3対2の部分を切り取ったとしても『何が目的かによって何を見ましょう』という認知のポイントは変わってきます。, チームとしてプレーのベクトルを合わせるために原理原則が必要なので、小学生のサッカーとはいえそれなりのプレーモデルとなるようなイメージ、『こういうプレーをしていこう』というものがないと認知しようにも選手たちにはポイントが絞れません。認知と言ってもピッチ上には膨大な情報がひしめいています。, だから、私は『指導者には削る作業が必要になる』と考えています。そのためにチームのプレー基準となる原理原則的なものを指導者がプランニングしてあげないと、指導者はもちろん選手も的が絞れないと思います」, 茨城県 margin: 15px; 栃木県 奈良県 div.ss_entryBox .com{margin: 0 15px;} font-size: 120%; ├ 個々に紐づくか、チームに紐づくかの違いです。 │. position:absolute; 個人戦術とは、個人が試合で戦う術です。 すなわち、状況を把握して判断して技術を発揮することをいいます。 結局、 チーム戦術にしても、グループ戦術にしても、個人戦術のない選手はこれらの戦術を使うことはできません 。 div.ss_entryBox .textfield{height:38px;} フットサル U18 ´ç¿’ 個人戦術 判断力 特集 【スペインのCEエウロパユースで第二監督を務める坪井健太郎氏】 チームだけでなく「個」にフォーカスすることも必要 │ <個人戦術> ロベルト・マルティネス監督が鍛え上げたチームは完成度の高い組織戦術を披露し、個人に目を向けても20代後半になった黄金世代の選手たちが全盛期を謳歌している。来年開催予定のeuroで初の国際タイトル獲得も夢ではない。(文:本田千尋) ———– margin: 0 auto; } color: #333; 広島県 @media screen and (max-width:480px){ TOP > コラム > あなたのチームはなぜ守れない⁉スペインでは13歳までに教える"守備(ディフェンス)の個人戦術"とは, スペイン・バルセロナを拠点に、世界中のクラブ、選手の指導&コンサルティングを行っているサッカーサービス。サッカーのプレーを分析し、コンセプトを抽出してトレーニングに落とし込み、選手に理解させて習得させる分析力と指導力は卓越したものがあります。そんな彼らが「日本トップ選手のプレーから見る、守備における日本の育成年代の問題点と課題」をテーマに、講習会を行いました。指導者だけでなく、サッカーをもっと深く理解したい、試合を見るときのポイントを知りたいという人にとっても、必見の内容です。, 日本代表やJリーグ、育成年代の試合を見ていると、とくに守備(ディフェンス)面でのコンセプトが知られていない。あるいは知っているのかもしれませんが、選手がプレーの中で表現できていないと感じることがありました。そこで、日本サッカーがより良くなるために、知っておきたい守備のコンセプトについて、紹介したいと思います。, まず、自分のチームが守備(ディフェンス)をしている状況で、ボールを持っているのは相手チームです。攻撃時のプレーの優先順位として、攻撃側はまずDFラインの裏のスペースを狙います。そこでボールを受けることができれば、得点の可能性が高くなるからです。ただし、守備側も当然、最終ラインの裏のスペースはケアします。とくにセンターバックの選手は、自分の背後をとられることはもっとも避けるべきです。, 攻撃側は最終ラインの裏にボールを送れないとなると、次に狙うのはDFラインの前のスペースです。いわゆる「バイタルエリア」と呼ばれる、MFラインとDFラインの間にボールを入れて、DFラインを崩させるように仕向けていきます。, FCバルセロナのように、ボールをポゼッションして攻めることを得意とするチームは、ピッチの中と外、前と後ろという形で自在にボールを動かして相手選手を誘導し、進入するスペースを作ろうとします。このときに、守備(ディフェンス)側の選手がプレーの判断を誤ると、相手に攻めこむスペースを与えてしまい、パスやドリブルでスペースを使われ、ピンチを招いてしまいます。, そうならないために、指導者は「守備のコンセプト」を選手に与える必要があります。選手個々が状況を見て、どう判断してプレーの決断をするか。適切なプレーの認知、判断、決断をすることが、良いプレーにつながると考えています。, もちろん、相手にプレスをかけ、ボールを奪うことも重要です。しかし、ボールホルダーに対して、何も考えずに寄せることが良いプレーではありません。相手の足元からボールが離れていたり、コントロールをミスしたときは、すぐさま奪いに行くべきです。そこで必要なのは「いまは寄せてボールを奪いに行くべきか」それとも「ゴールへ向かうパスコースを切るべきか」を、ピッチ内の状況から判断し、より良いプレーを選手自身が選択することです。これは、U-13年代で身につけるべきコンセプトであり、日本の多くの選手に、改善の余地があるプレーです。, 「守備時の判断」については、日本代表の中にも、理解していない選手が見受けられます。以前、ブラジルW杯のコートジボワール戦を分析しましたが、中盤の選手の判断ミスにより、ピッチの内側のスペースに簡単にパスを通され、ゴール前にボールを運ばれる場面が何度か見られました。, 例を挙げましょう。自陣のセンターサークル付近にいたコートジボワールのボランチが、ドリブルで前にボールを運びます。このとき、日本のボランチは前方に数歩出てしまい、自分の背後に相手が進入するスペースを作ってしまいました。コートジボワールの別の選手は、そのスペースでパスを受けて、サイドにパスを展開。ペナルティエリアに進入され、ゴール前にクロスボールを上げられてしまいました。この場面では、コートジボワールの選手のキックミスにより、事なきを得ましたが、ここでは「選手個人の判断ミス」と「グループの判断ミス」という2つのミスが重なっていました。, まず「選手個人の判断ミス」ですが、ボールホルダーに寄せるべき状況ではなかったのにも関わらず、不用意に前進し、自分の背後のスペースを空けてしまったことにあります。そこに、グループとしての判断ミスである「空けたスペースを左サイドにいるMFが埋める動きをしていない」というミスが加わり、コートジボワールの選手にバイタルエリアでフリーでパスを受けられ、ボールをゴール前まで運ばれてしまいました。, 前方に出てプレスをかけに行ったボランチの選手は、自分の背後を見て、味方がスペースを埋める動きをしないのであれば、ラインを自ら崩して、前方へ飛び出るべきではありませんでした。「カバーリングがいるのを確認した上で、自分の持ち場を離れてプレスに行く」というのは、U-13年代で身につけるべきコンセプトです。, 相手チームがボールを持っている場合、守備側はFW、MF、DFのラインを保ちながら、ピッチ内側へのパスコースを消すための動きをしていきます。そのベースがあった上で「ボールを奪いに行く」というプレーが威力を発揮します。冒頭でお伝えしたとおり、組織がない中で個人の判断でボールを奪いに行くと、かわされたときに大きなスペースができてしまい、ピンチを招くことにもなりかねません。, では、守備の組織、コンセプトの共通理解があった上で、どのタイミングでボールを奪いに行くのが良いのでしょうか? プレーの順番としては、まず背後を見てピッチ中央へのパスコースを消し、ゾーンを守ります。そして相手がプレッシャーを感じ、コントロールミスをして足元からボールが離れたときに、100%の力で寄せます。ほかにも、相手が攻撃方向とは反対(後方)を向いた時も、寄せに行くチャンスです。スピードを出して寄せましょう。, 選手個人の判断をベースに、グループとしてどう動くかは、U-12、13の選手であれば、十分に理解できるコンセプトだと思います。この年代で、もっともベーシックな守備(ディフェンス)の個人戦術を身につけることができれば、その上に、状況に応じた個人戦術、グループ戦術、チーム戦術と積み重ねていくことができます。トレーニングを通じて、選手がコンセプトを理解して身につけ、試合で発揮できるように導いていく。それが、我々指導者がすべき、指導であると思います。, 守備(ディフェンス)のコンセプトは、プレーエリア、状況によって様々な種類があります。それらを紹介するために新たにメールマガジンを開始いたしました。日本サッカーの課題である守備(ディフェンス)をテーマに、全5回にわたって指導法やトレーニング法を解説していきます。ぜひご登録ください。,


ツールバーへスキップ